title

バスパーのジェネリック薬をご紹介

バスパーのジェネリックについて

バスパーは日本国内でも認可され、実際の精神科でも処方されている安全性の高い医薬品です。そしてすでに世界にはバスパーのジェネリック医薬品が登場しているので、どうせ効果が同じで値段が安いのであればジェネリック医薬品を手に入れたいのが普通です。

しかし残念なことに、バスパーのジェネリック医薬品はすでに海外では販売されているものの、日本国内においては認可されていません。つまり、医師の処方による購入はできないということです。

バスパーのジェネリック医薬品が欲しい場合には、海外からの通販を利用しましょう。

バスパージェネリックの通販はコチラ

ジェネリック医薬品とは

ジェネリック医薬品は、もととなる医薬品(先発医薬品)の成分とほとんど同じ成分で開発され、ほとんど同じ効果効能を持つ後発医薬品のことです。

先発医薬品が長く流通し、高い安全性とたしかな効果を得られたという実績があれば、先発医薬品を開発した製薬会社とはまた違った製薬会社でも同じ薬を製造できるような仕組みになっています。

先発医薬品は一から開発をしているため、開発費だけでもおよそ1億は掛かっています。

その開発費用をはぶいていきなり製造からはじめられるため、先発医薬品よりも安い価格で販売できているのです。

ただ、日本は医薬品の認可が世界中とくらべて遅いというのがネック。世界ではすでにたくさんのジェネリックが流通しているにもかかわらず、日本ではバスパーのようにまだ販売されていないものも多くあります。

バスピンについて

バスピンはインドの大手ジェネリック製薬会社が製造している、バスパーのジェネリック医薬品です。

巷ではおもに睡眠薬としての人気が高いですが、もちろん本家バスパーと同じように抗うつ剤や抗不安薬としての効果も抜群です。

バスピンの通販はコチラ

効果

バスピンは睡眠薬、または睡眠導入剤としての使われ方が広まっているようです。

しかし、もともとバスパーを元としてほとんど同じ成分・効果効能を目指して製造されているジェネリック医薬品なので、精神安定剤としての面やうつ病、パニック発作を抑えるなどのはたらきもあります。

バスピンを服用するとセロトニンの分泌量が増えるのですが、セロトニンは食欲もつかさどっているので過食症などへの抑制もできることがわかっています。

価格

バスピンの価格は、有効成分がどれだけ配合されているのかによって変化してきます。

通販で購入する際には100錠以上のタイプが多いのですが、これを家族や友人に分け与えないように注意してください。

バスピン5mgが100錠入っても一箱3000円しません。定価であればなんと4400円。

海外からの個人輸入がどれほどまでに安く済むものなのかをよくわかっていただけると思います。

バスピン10mgが100上でも3800円程度。継続して飲むにあたって、安価に続けられるのは嬉しいです。

服用方法

バスピンを服用するのであれば、飲み方は一日に付き二回。朝と晩に飲む形か、一日三回朝昼晩と服用するかどちらかになります。このときお茶やジュースなどと一緒に服用すると有効成分がただしく効果を発揮できない場合があるので、かならず水または白湯で服用するようにしてください。

一回に服用する目安の量は、バスピン10mg~20mgで大体一錠から二錠といったところです。

ただし一日に服用できる量はバスピン60mgまでと設定されているので、絶対にこれ以上は飲みすぎないように注意しましょう。

バスポンについて

バスポンは、「Deva Holdings A.S.」という製薬会社が製造しているバスパーのジェネリック医薬品のことです。非ベンゾジアゼピン系の抗不安薬、抗うつ剤ですので、ほぼバスパーの成分と効果効能と変わらない効果を期待することができます。

バスポンの通販はコチラ

効果

バスポンもバスパーやバスピンと同じく、脳内の神経伝達物質であるセロトニンの分泌量を増やして、精神の安定や睡眠への導入、体温の調節などを安定的におこなえるようにしてくれる作用があります。

強い眠気があらわれやすいというのも変わらないので、服用したあとはかならず自動車や自転車などの危険をともなう運転は控えてください。

そして服用する際は自分のもともと常用している医薬品との兼ね合いなどを確認した上で、本当に服用していいのかを明確にしておきましょう。

価格

ほとんど同じ成分で効果効能といえど、なかに含まれている有効成分やそもそもの内容量の違いから、バスボンとバスピンでは購入価格がかなり変動しています。

同じ条件で同じ内容量にするとほとんど差はありませんが、自分の納得のいくほうを選んで購入してください。

バスボンは有効成分5mgのものが主流のようで、一箱50錠入のものが2300円。これが100錠になると3400円程度で販売している輸入代行業者が多いようです。

そのほかには送料なども掛かってくるのでもう少し費用は多めに見積もっておきましょう。

服用方法

バスポンの服用方法は、成人に達している場合には一日に二回と定められています。

服用量としては7.5mg分の1.5錠。錠剤は専用の錠剤カッターを使用して、半分ほどに砕いてから服用してください。

少し手間がかかりますが、服用量は間違えないようにしてください。多く飲みすぎるとどんな効果があらわれるかわかりません。

服用してから効果があらわれるまでに一週間ほどかかることもあるので、自己判断で多めに飲んだりは絶対にしないようにしましょう。

バスピンを開発するDeva Holdingsとは

バスポンを開発・製造しているのはトルコを本拠地としている「Deva Holdings」です。

この会社は1958年創業の歴史ある製薬会社。トルコでは非常に有名です。

バスポンのようなジェネリック医薬品の開発のほかにも、獣医薬やコロン、医療用のアンプルなどの製造も手掛けています。

企業としての目標は、「地球規模での健康的な生活へのパブリックアクセスを許可した革新的な製品で、高品質な体験を提供し、急速なペースで歩いている分野で競争する」ということ。

医療分野は急速に成長を続けていますが、Deva Holdingsでは毎年製品の多様性を追求することでほかの競合製薬会社との差をつけ、およそ400の製品と13の異なる治療領域を有しています。

輸出活動もさかんで、自国トルコのほかにも米国や中国、スイス、ドイツ、オランダ、イギリスなど、約50カ国以上とのルートがあります。

まとめ

バスピンは世界的に活躍しているインドの製薬会社「インタスファーマ」の手によって開発・製造されている安心で安全性の高いジェネリック医薬品のひとつです。本家本元のバスパーの効果効能を損なうことなく、低価格な製品を提供しています。

しっかりと抗うつ剤、そして抗不安薬としての効果を発揮し、睡眠薬や睡眠導入剤としての効果もたしかなもので、世界中に愛用者がいます。

ただ、強い眠気のためにバスピンを服用した直後に自転車や自動車、そのほかの危険をともなう運転や操縦は絶対にしないようにしましょう。

併用禁忌薬もバスパーやバスポン同様にありますので、自分のいま常用している医薬品が本当に併用していいものなのかどうかを確認してから服用してください。

バスピンの通販はコチラ