title

バスピンの通販について詳しく解説

バスピンの通販について

うつ病の方にとって、精神を落ち着かせる医薬品の存在はなくてはならないもの。

うつ病以外の精神病でも使用することのできる抗うつ剤は、気休めではなく本当に身体の脳の部分に作用してしっかりと不安を取り除いてくれます。

その中でもおすすめなのが、「バスピン」という抗うつ剤。これは脳内の神経伝達物質である「セロトニン」の分泌量を増やすはたらきがある医薬品です。

セロトニンは生体のリズムを整えるほかに、睡眠や体温調節までもをつかさどっているので、セロトニンの分泌量を増やすということは安定した睡眠への導入をも促してくれるということ。

睡眠をしっかりと取ることは人間が生きていく上で非常に大切なことですので、なかなか寝付けないという方にもおすすめの抗うつ剤です。

バスピンの通販はコチラ

ジェネリック医薬品は通販で購入可能

医薬品といえば、最近は低価格で購入することのできる「ジェネリック医薬品」が話題です。

元となる医薬品とほぼ同じ成分で同じ効果効能を得られるのであれば、ジェネリック医薬品を選ばない手はないでしょう。

そのジェネリック医薬品は、なんと通販で購入することができるのです。

通常なら医薬品は医師による処方箋をもらわなければ購入することができませんが、通販で購入できれば病院に足を運ぶ手間も時間もなく済みます。

日本国内の通販サイトでは購入できないので、海外からの個人輸入という形で注文しましょう。面倒くさく聞こえますが、いまではカンタンに個人輸入できる時代になっています。

個人輸入の通販サイトの注意点

ジェネリック医薬品は、海外からの個人輸入という方法で購入することができます。そのほかにも海外からはさまざまな医薬品を購入できるのですが、その際には注意しておかなければならないことがあります。

それが「個人輸入代行業者が信頼できるものなのかリサーチする」ということです。

個人輸入代行おこなっている業者の中には、偽物の医薬品を販売している違法な業者も確認されています。正規の医薬品であることを保証している業者や、創業してから長く利用されている業者などを選ぶようにしましょう。

おすすめは「お薬110番」という個人輸入代行業者。ここで販売されている医薬品は100%すべてに正規品保証が付けられています。安心・安全に購入できるようになっています。

個人輸入のルールについて

個人輸入と聞くと、英語でのやり取りが必要になったり、空輸をするために送料が高額になったりしてしまうのではないかと不安に思う方が多いでしょう。しかし、代行業者を利用すればその不安をすべて解消してくれるのでご安心ください。

面倒なやり取りもなく、日本語だけで注文が完了します。

ただ、個人輸入には決まりがあるのでその点だけは注意しましょう。

・個人で使用する分量のみを注文すること
・家族や友人への販売/譲渡は一切禁止

このふたつの項目が法律で定められています。自分が購入するついでに親切心で家族や友人の分まで購入するということはよくあると思いますが、個人輸入においてそれをおこなってしまうと法律に抵触します。絶対にやめましょう。

通販のメリット

海外から個人輸入する形で医薬品を購入すると、さまざまなメリットが得られます。

まずなにより、購入代金が通常の方法で購入するよりも安く済むということ。

医薬品は、医師による処方箋を必要とするものです。そのため、購入するには医薬品自体の代金だけではなく、病院への問診や処方箋代が別途必要になります。

場合によっては保険が適用されないこともあるため、その場合はさらに支払わなければならない代金が膨らんでしまいます。

海外からの個人輸入であれば医薬品自体の料金も安く、そして注文すればあとは待つだけで済む手軽さというのもいいところです。

さらには日本国内で認可されていない医薬品も購入できるようになります。

パスピンの先発薬であるバスパーは日本国内の精神科で処方されている医薬品ですが、残念ながらいまだバスパーのジェネリック医薬品は日本国内で認可されていないのです。

バスパーと同じ効果であるのに、安いジェネリック医薬品を購入できないのはお財布にとって大打撃。日本国内未認可の医薬品が手に入るのは、個人輸入という方法にしかない強みです。

バスピンの通販はコチラ

通販のデメリット

海外からの個人輸入で医薬品を購入すると得られるメリットはたくさんありますが、デメリットも存在しています。

やはり信頼できる個人輸入代行業者を選ばないと、偽物の医薬品を掴まされてしまうかも知れないということがひとつ

医薬品は一見しても本物か偽物かがわかりにくいですが、正規品と偽物では比較すると明らかに違っているものがほとんどなので、あらかじめ本物がどのような形状なのか調べておきましょう。

偽物はただ効果がないというだけではなく、劣悪な環境の工場で製造されているものが多いため服用すると害になってしまうこともあります。充分に気を付けましょう。

そして個人輸入を利用すると医薬品が手に入るまでの期間が長い、ということ。

ほとんどが注文してから海外業者との交渉スタートとなるため、発送から空輸、到着までに2週間は覚悟しなければなりません。

必要となるその前に、逆算して前持った注文をする必要があります。

まとめ

バスピンの先発薬であるバスパーは日本国内で購入しようとすると、医師による処方箋を必要とする処方箋医薬品です。その上、バスパーとほぼ同じ効果効能成分のパスピンのようなジェネリック医薬品は、日本国内では未だ認可されていない特別なもの。

このどちらをも家にいながら購入できるようになるのが「個人輸入」。もちろん法律によって許可されているものなので不安に思うことはありません。

ただ、個人輸入できるのはかならず「自分の使用する分量のみ」と決められています。親切心から家族や友人などの分量まで購入して譲渡/販売をしてしまうと、法律に触れかねません。絶対におこなわないようにしましょう。

個人輸入代行業者はしっかり信頼できる場所を選んで、偽薬を掴まされてないようにご注意ください。

バスピンの通販はコチラ